読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モルツカ

いろいろ究明したいブログ

これ何の顔に見える?日常に存在するパレイドリア(錯視)の写真18枚

パレイドリアという聞き慣れない単語は、実はかなり身近な現象でほとんどの人が経験している。 おそらく一番しっくり来るのは「月で餅をつくうさぎ」。昔の人たちは、夜空のウサギを見上げながら豊作を願っていたというなんともロマンを感じる昔話だったりす…

リアーナがグリッターのボディストッキングで観客にしれっと紛れ込む。コーチェラ・野外フェス 2017

この頃はラメやグリッダーが大流行している海外セレブのファッション事情なんだが、ファンたちの間で”着こなし”に定評のあるリアーナ(Rihanna)さんの場合はやっぱりはるか彼方まで進んでいた。

切り絵で世界のランドマークがミニサイズに。不思議の国のアリス症候群的な写真10枚

ペーパーアートの専門家、Rich McCorさんが見ている風景は我々とは少し違う。 写真家でもある彼は、有名な建築物や人気の観光スポット全景に、芸術的な切り絵を重ね合わせることでまったく新しい景色を創造する。 彼の作品を見た人はアリス症候群のような感…

パパすごい・・ダンボールでリアルすぎる全身鎧を作ってしまったお父さん

多くの方が子どものころこんな甲冑を身に纏うことに憧れたんじゃないだろうか。 独創的なアイデアでダンボールで彫刻を作り出すアーティストであるウォーレン・キングさんは普通の家庭的なお父さんでもある。 そんな彼にとっては、子どもたちがスター・ウォ…

野生のアーティストによって命を吹き込まれた植物のある風景

絵心についての記事を最近も書いたけど、絵の才能がある人はほんとすごいし羨ましい。ある意味、無機質なものに命を吹き込んでいるようなものだといつも感心してしまう。それが決して大げさじゃないことがよくわかる写真が以降の26枚。順番にみていこう。

お父さんでもできる、マタニティ・フォトの始め方

スペイン在住のフランシスコ・ペレスさんは、父親の美しさを二人の子どもたちに示すため、フォトギャラリーを作ることを決めた。コンテンツは、マザー・アースのような包容力で、春を思いっきり満喫する妊婦をイメージしたマタニティ・スタイルだ。彼が作品…

絵心なしな画伯の味方!GoogleのAutoDrawでマイイラストが捗りそう

このほどGoogleのサービス、A.I. Experimentsの一部がオートドロー(自動描画)として拡張された!これまでのサービスではマイクロソフトのペイントが最も近く、さらにA.I. 機能を追加したものだと考えるとわかりやすい。 あとこれは僕の感想だけどイラスト…

トレンドは繰り返す!1980年代の最悪なファッション27つ

1980年頃のファッションと聞いてみなさんはなにを思い浮かべるだろうか?スタジャン、ショルダーパッド、ケミカルウォッシュのデニムなどいろさまざまある。そして多くのトレンドデザインに共通するのは、それまでの限界点をいともたやすく超えてしまう謎の…

空いた口が塞がらない。タトゥーになったリアル過ぎるセレブたち10人

ニュージーランド在住のタトゥーアーティスト、スティーブ・ブッチャー(Steve Butcher)さんはInstagramで50万人を超えるフォロワーを持つ”カリスマ刺青師”だ。腕や足に彫られた有名人たちのタトゥーがリアル過ぎると話題になっている。 このほど彼は自分の…

これが理解できないうちは素人だから。ファッション?アート?判別に困るモデルたち

もちろんというか、やっぱり筆者は最新ファッションに無頓着なのでここはみんなの感想に委ねたい。ひょっとしたら僕が勘違いしているだけで普通なのかもしれないし。それならそれでかなり困惑するけれど。乗り遅れるな!これが今どきのファッションだ!

意識高すぎた。アーティストのリデザインによる食料品パッケージのビフォー・アフター7つ

もうすっかりおなじみになった意識高い系だけど食料品業界でも「意識高い系化」が着々と進行している。アーティスト達によってヒップスター(Hipstear)になった食べ物たちのビフォー・アフターを順番に観察していこう。